須田塾は岐阜市にある創立60年の歴史を有する地元密着型の塾です。

教育方針

今年、須田塾は創業60周年を迎えました。永年に渡り須田塾を支えてくださった地域の皆様や塾生、OB・OGの皆様、そして保護者の皆様に心から感謝申し上げます。
須田塾がご当地野一色で創業した60年前は、まだ岐阜市内、或いはその周辺に太平洋戦争の傷跡が残っておりました。航空自衛隊各務原基地のフェンスには米軍戦闘機の機銃掃射による穴がいくつも空いておりましたし、中心市街地にもコンクリートや石造りであった為に空襲による火災での焼失を免れた建物がいくつかありました。前一色山の北側には防空壕の後があり、射撃演習場の跡なのか、銃弾や薬莢が落ちていました。一方で、日本の景気は1953年後半ごろには戦前の最高水準を上回るなど、奇跡的な回復を見せ、1956年には経済白書が、「もはや戦後ではない。」と誇らしげに宣言しています。この頃から20年弱続いた好景気のことを日本の経済史では高度成長期と呼んでいます。須田塾がお座敷塾として野一色の地で産声をあげたのは、ちょうどこの頃のことです。
須田塾の創業者初代塾長須田昌与は、明治生まれで、女子師範を出てから教員をしていましたが、学校を退職して須田塾を開きました。開塾当時は自宅の座敷に長机を置き座布団を敷いて子どもたちと膝をつき合わせて勉強しており、さながら寺子屋の風情でした。初代塾長はかなり厳しい指導をしていたようですが、その一方、夏休みには塾生を連れて海や山にキャンプをしに行ったりと、塾生たちを我が子のように可愛がっていました。
昭和51年、2代目の塾長須田哲夫が須田塾を法人化し、同時に本校舎を現在の野一色5丁目に新築し、その後、平成2年に本校舎を建て替え現在に至っております。
須田塾の初代塾長は派手なパフォーマンスを嫌い、「利益を追求するな。教育を産業にしてはならない。子どものことを一生懸命考えていれば、利益は後からついてくるものだ。」が口癖でした。現在の須田塾のスタッフは全員この初代塾長の言葉を心に刻んで日々指導に当たっております。しかし、この60年の間、須田塾は旧態依然とした教育に固執していた訳ではありません。2代目の塾長がもともと技術者だったこともあり、絶えず新しいテクノロジーや教育システムを求めて最新の教育を導入しながら学習指導に当たっていました。岐阜市内の学習塾の中でもいち早くコンピュータを導入し、成績管理・生徒管理を行いました。外国人講師による英語教育やフォニックスの指導は公教育が取り入れるはるか以前より行っています。LLのシステムやカードによる出欠管理システム、弱点対策データベースシステムの導入、インターネットを利用した教育など絶えず、先進的な教育を求めてまいりました。
そして、現在は自社開発のエデュプラスというタブレット端末を使った家庭学習のシステムも使い、効果をあげております。
しかし、須田塾はテクノロジーやシステムのみを重視する塾ではありません。須田塾が大切にしているもの、最も誇れるものは講師陣です。須田塾の講師は殆どが20年以上勤務したベテラン揃いで、この講師陣とシステムがマッチしたときに初めて大きな教育効果が生まれます。塾生が最後に頼ってくるのは結局講師の先生たちです。その期待に応えられるのが須田塾の講師陣です。
もう一つ須田塾の強みがあります。それは進路指導です。須田塾には60年間のデータとノウハウの蓄積がありますから、他塾には真似のできないきめ細かな進路指導が出来ます。年2回行う高校入試説明会や個人懇談で塾生に最適な進路を探すお手伝いをしています。
 須田塾はこれからも塾生ひとり一人を大切にした教育を行ってまいります。質の高い教育、心のこもった教育を通じて地域に貢献してゆきたいと考えております。そのためにスタッフ一同益々精進を重ねてまいる所存です。地域の皆さまには、今後とも変わらぬご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げ、また平成三十年が皆様にとって素晴らしい年になることをご祈念申し上げ、創業60周年の感謝と御礼の
ご挨拶と致します。

須田塾長が書いています。

個性豊かな講師が勢揃い。しかし生徒に対する熱い思いはみな同じです。
塾生(中3生)の半数以上が旧5群へ。圧倒的な合格実績と合格体験記をご覧ください。

このページの先頭へ