須田塾は岐阜市にある創立55年以上の歴史を有する地元密着型の塾です。

講師紹介

須田塾の講師陣をご紹介します!!

前田先生

長年に渡って須田塾の進路指導を担当。ボーダー表や岐阜新聞テスト分布表などオリジナルの膨大なデータに裏付けられた的確なアドバイスで受験生を志望校合格に導き、受験生や保護者から絶大な支持を受けています。
また、社会科を担当し、地理・歴史・公民の各分野で岐阜県公立高校入試を研究。岐阜県学習塾協会主催の模擬試験の問題作成や、岐阜新聞「進学る~む」や「中学生のひろば」などの原稿の執筆もこなしています。
社会を単に暗記するだけの科目とせず、「何が原因でこの結果が導かれるのか」を主眼に授業を行っています。単なる講義を行うだけではなく、話題となっているホットな時事問題に切り込み、各分野(地理・歴史・公民)における豊富な豆知識を教えるなど、楽しく覚える工夫を取り入れています。

 

村林先生

岐阜県学習塾協会主催の模擬試験の数学・理科の問題作成を長きに渡って担当。受験を知り尽し,要点をついた問題には,各塾から評価されています。定期テスト・模擬テストの前にはテスト問題を予想し,またその的中率が高いことから,「予想の鬼」と呼ばれている。生徒からは,「バッチリ出た!」とうれしい悲鳴が上がっています。
また通常授業はプロジェクターを用いて行い,視覚に訴える授業を心掛けており,「とても分かりやすい」,「理科が得意になった」と生徒から好評を得ています。またこの授業は,わかりやすいだけでなく時間効率もいいので,一定時間内に講義・演習と多様な内容が行われ,保護者からも好評を博しています。
趣味は合唱で,年に2回,大垣,岐阜,名古屋などでコンサートを行っており,バロックから現代音楽まで幅広く歌っています。期末試験の前になると,生徒から音楽の質問もされています。

 

太田先生

小学生の算数から高校生の数学までを担当する。一つの塾内に小学生クラスと高校生クラスがあるというだけの小・中・高一貫教育ではなく、高校生の数学を担当する講師が小学生の算数、中学生の数学を担当することで、真の小・中・高一貫教育を具現する。大学入試までの数学の流れを把握している講師だからこそ、小・中学生にも効果的な指導ができるのである。公式と解法を暗記して、数字をあてはめて答えを出す練習を繰り返すだけの無味乾燥な授業を極力排除し、「考える」ことに主眼を置いた授業は、生徒の知的好奇心を刺激し、思考力を培う。また、「同じやるなら楽しんでやろう」をモットーに、笑いの要素をふんだんに取り入れて展開される講義は、彼の授業を受けるまで数学嫌いだった生徒達からも支持されている。さらに、その論理的解法は数学だけにとどまらず、大学入試の小論文においても遺憾なく発揮され、添削指導を受けた生徒は、早慶上智といった難関私立大学だけでなく、名古屋大学、岐阜大学などの国立大学にも合格している。

小川先生

須田塾講師歴20年の超ベテラン講師。面接指導を受けた英検受験者は全員合格するという英語のスペシャリスト。これまで岐阜新聞の「進学ルーム」「学習の広場」の執筆を長きにわたって担当し、平成24年度には岐阜新聞テストWEB講座の英語の授業を担当した実力講師。
岐阜県の公立高校英語科入試を熟知し、出題傾向に合ったオリジナル問題を作成して生徒に配布。毎年、英作文のテクニックや長文読解のコツなど分かりやすい解説が好評を得ている。
授業には強いこだわりを持ち、単なる暗記ではない、常に考える英語を目指す。一つの単語においても、その成り立ちや語感、派生までを生徒に分かりやすく伝授。文法ですら、丸暗記を強いるのではなく、そのメカニズムを易しく解き明かして解説している。「語学である以上、もちろん暗記や慣れは大切です。しかし意味もなく覚えるのではなく、英語を話している人々の感覚、そして考え方を少しでも意識してもらいたい。」そんな思いが授業の根底に流れている。

 

智子先生

須田塾唯一の女性講師、小学生の個別指導を担当。生徒一人ひとりに適した国語・算数の学習プランを作成し、一歩一歩確実に力を伸ばす。
常にお母さん目線で生徒と交わり、時には厳しく、いつもは優しく丁寧に指導を行う。

このページの先頭へ